2016年10月28日

本日はミニチンゲン菜についてご紹介します。
※弊社はリサイクル繊維培地を用いて予め設計した液体肥料を与えて
野菜・花きの栽培試験を行っております。

ミニチンゲン菜

現在、ビニールハウス内でミニチンゲン菜の低カリウム栽培試験を行っております。
水道水にもカリウムが含まれていることから、事前に水道水に含まれる各種イオン濃度を
知った上で肥料設計を行う必要があります。また、栽培期間中の気温によって肥料の吸収速度が
変わるため、肥料設計は季節によって変えるなど機能性野菜の品質の安定のためには色々な角度から
検討することが求められています。

DSC_0953 DSC_0955

 

 

 

播種から約2週間経ちました。

発芽はほぼ100%。その後の生育も良好です。

急に寒くなったり、暑くなったりしますので
植物の様子を見ながら愛情をもって栽培していこうと思います。
有難う御座いました。