2015年7月21日

大和郡山市にある弊社の試験栽培ハウスの中では、土の代わりに 『ポリエステル培地』 を用いて、
トマト・落花生・自然薯(じねんじょ)・黒大豆を試験栽培しています。
現在、写真のような生育状況になっています。

15.07.21 栽培風景左からトマト、自然薯、黒大豆、落花生です。

『ポリエステル培地』を使えば、

◎土耕のように養分の吸着や集積を考慮する必要は有りません
◎土耕のように土の中にいる病害虫を気にする必要は有りません
◎土耕のように連作障害を気にする必要は有りません
◎出来た作物は水耕のように水っぽくなりにくいです
◎土壌消毒をすることなく、数年(8年の方もいます)そのまま使えます
◎土耕でも水耕でも有りませんが、根菜類を植えることが出来ます
◎植物工場にも導入されています
◎この培地を使った作物栽培に適した液体肥料も設計しています

また、ハウスの中には液肥を混入出来るタイマー付きの灌水設備を整えているため、
栽培管理がラクに行えています。

これから随時、栽培日記を更新していくので
よろしければネオアグリの野菜たちを見に来てください!

それではこれで失礼します。