2018年11月9日

2018年7月13日にご紹介していた『アピオスの棚栽培』ですが
10月に入ってから葉が黄色くなり始め、10月末にはほとんど枯れた状態に。

 

 

 

 

 

 

収穫合図となったので枯れた葉を撤去し、媒地に隠れたイモを発掘する作業に。
※下写真:収穫した一部を撮影

 

 

 

 

 

 

施肥のタイミングなどを気をつけた結果、去年に比べると一つひとつのイモが大きくなりました。
ただし、1株あたりの小芋の数量が予想していたより少なかったため全体的な収量は
思ったより伸びませんでした。

****************************************
アピオスの棚栽培まとめ
①棚栽培をすることによって、作業中ならびに収穫時に腰を屈める必要がなく作業がらく
②マンションのベランダなどで、”グリーンカーテン”として栽培するとよい
 ポリエステル繊維媒地を使うと土汚れも気にせずに栽培が可能。
****************************************

以上、今年のアピオス棚栽培をした結果でした。
本日はこれにて終了です。
有難う御座いました。