[:ja]

2019年2月1日

弊社では、土壌の代わりに繊維媒地(主成分:ポリエステル)を用いて、
数種の作物を試験栽培しています。

【近畿大学農学部構内でのバラ栽培】
本日、近畿大学農学部構内ビニールハウスのバラの様子を見に行ってきました。

奈良の今日の天気は晴れ。昼間の温度は22℃ぐらいです。
虫がついてないか、異常はないか、全ての株を点検しました。
レイズドベッド(木製の高設ベンチ)は、少し屈むだけで葉の裏を見ることが出来るので
虫の有無の確認作業が非常に楽に行えます。

 

 

 

 


点検中、アブラムシが葉の裏や新しい芽に潜んでいるのを発見。

見つけ次第、捕殺を繰り返します。
「エディブルフラワー」が生産できるかどうかの試験栽培中ですので、
手遅れにならないうちに退治しておきます。
今後も気を抜かずに、バラと向き合いたいと思います。

[:]