2019年3月22日

弊社では、土壌の代わりに繊維媒地(主成分;ポリエステル)を用いて、数種類の作物を試験栽培しています。

【イチゴを襲来するゴマ粒】
弊社ではポリエステル繊維媒地で何を栽培したらよいかと聞かれると、ひとつはイチゴをおすすめしています。ある長野県の農家様では10年以上、イチゴ栽培にポリエステル繊維媒地をお使い頂いています。

そんな繊維媒地と相性バッチリのイチゴを弊社のビニールハウスでも試験栽培しています。
今、現在そのイチゴに黒のゴマ粒…アブラムシが襲来。

****************************
ポリエステル繊維媒地は土壌の病害虫はほとんど出ませんが…
地上部は一般の栽培と同様に、病害虫が発生します。
****************************

ガーデニングや家庭菜園などでは、農薬をなるべく使いたくないというかたもいらっしゃると思います。弊社でも減農薬を心がけるために、普段から木酢液などの忌避剤を使用。また、呼吸をできなくして撃退するデンプン由来の液剤を害虫めがけて散布しています。これから本格的に暖かくなる時期。予防、防除は計画的に。

本日はこれにて終了です。ありがとうございました。